バスフィッシング

冬のバス釣り① – 冬のブラックバスの生態と釣り方について

本格的に冬になると、気温、水温低下とともにバスもなかなか釣るのが難しい季節になってきたので、しばらくはバス釣りはお休み…なんて方も多い方と思います。
でも…この時期は時間帯によってはオカッパリでも効率的に狙える場合があるんです。

本記事では…

  • 冬でもバスを釣りたい
  • でもなかなか冬は釣れない
  • そもそも冬のバスはどんな過ごし方をしている?

…といった疑問などを解決します!

水温が10度を切らない場合はまだ完全に冬ではない

水温が低下してくる12月とはいえ、エリアによってはまだ10度を切らないところも多い季節。
この状態はバスにとってはまだ完全に冬になったとは言えないようです。

時間帯によってバスも移動する?

冬のバスは深場でじっとしている…というのはもちろん事実ですが、12月の初冬と呼ばれるような時期では、時間帯によって気温の上昇も考慮する必要があります。
この気温の変化によって水温も変化するので、バスも移動することが多いようです。

朝一の気温が低い時間帯は深場でジッとしてして、午後になり少し気温が上昇してくると浅場に入ってくるバスもいるようです。
オカッパリで深場を狙いにくい…なんて場合は気温が上昇してくる正午あたりからシャローに絞って攻めてみる…なんて戦略もアリでしょうね!

冬は小規模のフィールドが良い理由

冬のバス釣りで重要なのは“フィールド選び”と言えます。
それもできるだけ小規模の野池がおすすめです。

気温の低下とともにバスも複数で固まっていることが多く、広すぎるフィールドではそのポイントを探すのに時間がかかってしまうことが理由です。
小規模の野池のようなフィールドのほうが短時間でバスが集まっているポイントを絞ることが可能ということですね!

冬のバスが釣れやすい野池とは?

冬の時期でも比較的バスが釣りやすい野池のポイントとしては以下の通りになります。

  • 風邪の影響を受けにくい野池
  • 日当たりがよい野池

以下に詳しく解説します。

風の影響を受けにくい野池

周りが木で囲まれているような野池は、風の影響を受けにくくその結果水面がほとんど動かないので水温の変化が少なく一定を維持しています。
バスは水温の低下は苦手ですが、それよりも急激な変化の方を嫌う傾向にあるようです。

日当たりがよい野池

日当たりが良い野池は冬の時期でも比較的水温が低下しにくい傾向があります。
もちろん野池全体ではなくても、常に日が当たっているようなポイントはバスが集まっている…可能性が高いと言えます!

まとめ

徐々にシーズンオフになってきたバス釣りですが、この寒い時期だからこそ近所の野池に行き、バスの動きを読むことがバス釣りの上達の1歩かもしれません!

参考文献:
バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)
オカッパリで行こう!(関和学)
下野正希バスフィッシング教書―本当のバスフィッシングを学びたいアングラーのための73の教程

関連記事

  1. 冬のバス釣り② – 越冬バスの3パターンの釣り方について
  2. 冬のバス釣り⑧ – 冬にオカッパリで釣るために必要な…
  3. 真冬の野池でのバス釣りについて – 狭いフィールドで…
  4. 冬のバス釣り④ -オールドメタルジグにみる冬のディープ攻略につい…
  5. 冬のバス釣り⑤ – 真冬のブラックバスの餌や捕食活動…
  6. 真冬の川バス釣り攻略! – 冬の河川でオカッパリ編 …
  7. 冬のバス釣り③ -メタル系ルアーの使い方・アクション・おすすめな…
  8. 冬のバス釣り⑦ – 真冬に最適なおすすめルアー・リグ…
PAGE TOP