バスフィッシング

真冬の野池でのバス釣りについて – 狭いフィールドでのメタル系ルアーの使い方

いつも通っている野池でも、冬の時期はなかなか思うように釣れない。
…シビアな状況だからこそ、その方法を変えていく必要があります。

そこで本記事では、真冬の野池戦略について解説します!

真冬のバス釣りでの池選びについて

真冬のバス釣りでのフィールドセレクトは『小規模な野池』がポイントのようです。
確実にその野池の真ん中までキャストでルアーが届き、食い気のないバスをいかにしてくわせるか?が重要とのこと。
ただでさえ活動範囲の狭い冬のバスの目の前にルアーを届かせないと意味がないということでしょうね!

真冬の野池でのバスの探し方

まず始めに野池の一番深いところのボトムを巻いて探りをいれます。
その野池の地形把握を行い、どこが深くてどこが浅いのかを知らなければなりません。

その際自分のキャストしたルアーが何秒でどの位沈むのかの目安を事前に把握しておく必要があります。

ボトムにルアーをあてながらリトリーブをしていた後にバスのヒットに持ち込む…というイメージのようです。

冬のバスは、メタルのフォール時にバイトしてくる!

ボトムを狙うため、冬はメタル系のルアーを多用するのがセオリーです。
リフトアンドフォールの動きを入れていくとき、バスのほとんどは落ちるとき(フォール時)にバイトしてくるようです。
また、フォール後ボトムに着いてからのステイは一切いらない…という意見も多くきかれます。

着底したらすぐにリフト→フォーリングに入る→着底したらまたすぐにリフト…
その繰り返しがポイントのようです。

リフトする幅の目安は?

リフトする幅は50cmくらいのようです。
真冬のバスの活性状態を考えると、小さなフォールを繰り返してアピールする…方が効果的なんでしょうね!

リフトアンドフォールのポイント

上述したように細かくリフトアンドフォールで斜面を降ろしていくのが基本になります。。
また、フォール時の落ち幅が大きい時はその部分の水深が深くなっている証拠。
リフトアンドフォールを繰り返していき、落ち幅がなくなった…その後は巻きに入る。
この繰り返しのようです!

もちろんフォール後の次のリフトの際に同時にフッキングになることがありますのでフォール→リフトに移行する際は注意を払っておく必要があるかもしれません。

真冬の野池バスには敢えて重めのウェイトを使う?

通常なら1.8g程度のウェイトを使用するようですが、真冬の野池バス攻略には『しっかりボトムで止める』ということが必要のようです。
またワームを浮かした上でバスを誘い続けるために軽いフックを使用しています。
また、リーダーは15cm程度と短めにすることで細かいアクションにつなげていくようです。

これらのセッティングによって初めて、『ボトムにしっかりつけることを意識したダウンショット』となります。

真冬のダウンショットリグのアクションのポイント

『ボトムに一点集中』、これが重要のようです。

ボトムからゆっくりとルアーを持ち上げてシェイクして、その後の止めの時に浮いた分15cm程度ふわーっとワームがシンカーに降りてくる。
この際フックのウェイトが重要で、軽いフックを使用していればゆっくりと、重めのフックを使用しているとその分スピードがあがります。

シェイクしつづけ、違和感は全部バスくらいの気持ち…がよいようです。
真冬でもわずかに食い気が残っていればこれで寄ってきてバイトしてくるようです。

このような誘い方をしてでもなお食わないとなれば、すぐに見切りをつけて再度メタルに戻すというローテーション…をおすすめしています。

真冬の野池バス攻略のタックルは?

真冬で気温が下がり、活性が低く下手すれば仮死状態のバスにも、しっかりと食わせる。
そしてそんなバスだからこそバイトも弱くなることが考えられるので、確実にフッキングに持っていくためロッドはソリッドティップがおすすめのようです。

まとめ

真冬のバス釣りですが「冬は釣れないから…」と諦めるのはもったいないかもしれません。
真冬の方がビッグバスが釣れる、というのもバス釣り界ではよく言われることのようですからね!

関連記事

  1. 真冬の川バス釣り攻略! – 冬の河川でオカッパリ編 …
  2. 冬のバス釣り① – 冬のブラックバスの生態と釣り方に…
  3. 冬のバス釣り⑥ – リザーバーのディープを攻めるには…
  4. 冬のバス釣り⑧ – 冬にオカッパリで釣るために必要な…
  5. 冬のバス釣り④ -オールドメタルジグにみる冬のディープ攻略につい…
  6. 冬のバス釣り⑤ – 真冬のブラックバスの餌や捕食活動…
  7. 冬のバス釣り② – 越冬バスの3パターンの釣り方について
  8. 冬のバス釣り③ -メタル系ルアーの使い方・アクション・おすすめな…
PAGE TOP