バスフィッシング

真冬の川バス釣り攻略! – 冬の河川でオカッパリ編 –

最近は全国的にも大規模~小規模の河川でスモールマウスバスが釣れるようになっているようですね。
気軽に行けることで魅力のこの川バスですが、真冬での釣り方もあるようです!
今回は『真冬の川バス釣り戦略』についてEVERGREENの“福島健プロ”の動画より学んでみました!

真冬の川バスはどこを狙う?

川バスを最初に探すときは“流れ”のある場所が基本かもしれませんが、流れのあるところに来ていても流れを嫌うこともあるようです。
そこでルアーを食わせるべきところとしては“流れの裏”や“岩の裏”だと、動画内で福島健プロは語っています。

そういった場所にルアーを通すことで、真冬でも釣果を上げることができるのでしょうね!

ただし、それでもバスがルアーを追わない時には、自然とそこに(ルアーが)入るようにドリフトで持っていくそうです。

ルアーのドリフトテクニックとは

ここでいう“ドリフト”って“漂流”や“流される”の意味だそうです。
キャスト後ラインテンションを張らずに、ルアーを流れに任せてバスがいる場所まで流すテクニック…ということです。

真冬の川バスへのスモラバの使い方

真冬のバス釣りに効果的なルアーの一つに“スモラバ”があげられますが、そのスモラバのアクションも目的によって変える必要があります。
「どこにバスがいるか?」と探りながらのアクションの際は少し早めに。

バスの口を使って食わせるときにはもっと遅いアクションでルアーを操作する必要があるようです。

もちろん、前述したようにルアーを流れにのせてバスの目の前に持っていく“ドリフトテクニック”も駆使するとよいようですね!

その際シェイクアクションを加え、ルアーをポッピングさせながらリズミカルにもっていきバスのいるところに通すのも忘れないようにしましょう!

キッカーバグ(エバーグリーン)×真冬の川バス

真冬の川バス攻略の際、カバーを狙うときはできる限り“フィネス”を意識した釣りにするとよいようです。
川バスは真冬でも比較的食い気があるので、足音を立てずにそーっと近づきカバーにキッカーバグを投入してみるとよいかもしれません!

川バスをばらさないために必要なこと

見事真冬の川バスをヒットさせた後、ばらさないようにランディングにもっていくコツですが、それは

ドラグをゆるめておくこと

…のようです。

川でバスを狙う際に湖水と違うのは“流れ”があるということです。
ドラグを緩めておくことで、バスが持っていくのに合わせるイメージ。
その後はバスが弱るのを待ち、ゆっくりと岸に寄せていく…ことが必要と動画内で福島プロは話されています。

まとめ

止水域でのバス釣りとは違い、川では特に『流れ』を意識する必要があるんですね。
真冬の川バス攻略のヒントになれば…幸いです!

参考動画:福島健×川バスオカッパリ「冬バス食わせ奥義に迫る」その4

関連記事

  1. 冬のバス釣り① – 冬のブラックバスの生態と釣り方に…
  2. 冬のバス釣り③ -メタル系ルアーの使い方・アクション・おすすめな…
  3. 冬のバス釣り⑦ – 真冬に最適なおすすめルアー・リグ…
  4. 冬のバス釣り⑥ – リザーバーのディープを攻めるには…
  5. 真冬の野池でのバス釣りについて – 狭いフィールドで…
  6. 冬のバス釣り⑤ – 真冬のブラックバスの餌や捕食活動…
  7. 冬のバス釣り⑧ – 冬にオカッパリで釣るために必要な…
  8. 冬のバス釣り④ -オールドメタルジグにみる冬のディープ攻略につい…
PAGE TOP